賢い保険の選び方について自動車保険関係者に聞いてみました!
自動車を運転する人は必ず保険に加入しなければなりませんが、それは最低保証であり、自賠責保険と呼ばれます。
相手の死傷に対する補償のみで、自身の補償や車等の対物保障に対しては全くされません。
つまり、自身が死傷した場合、治療費の補償も無いですし、車が破損してしまっても修理補償がされないので、思った以上の金額を請求される場合もあるのです。
又、車に乗っているのは運転手ばかりでなく、同乗者もいますので、もしも自分が運転している車が事故を起こし、助手席の相手を死亡させてしまった場合の補償がされませんので、こちらも莫大な請求をされることでしょう。
その為に、自賠責保険では賄えない内容を補償してくれる自動車保険が大切になってくるのです。
とは言っても、どんな種類の自動車保険があるのか迷ってしまうので、今回は、自動車保険関係者のみが知る賢い保険の選び方について、考えてみましょう。
自動車保険は通販型と代理店型があり、手軽に申込みが出来る通販型は魅力的ですが、万が一の時に相談に応じてくれ、サービス提供も良い代理店の方が、利便性が高い感じがします。
しかし、サービス内容を削っても、保険料を下げたいという希望があれば、通販型がお勧めです。
勿論、どちらにもメリットがあればデメリットもあり、どちらを選ぶかは、その人次第ですから、一概に断定は出来ませんが、相手へのケガの補償(賠償保険)、自分自身のケガや車両の補償(障害保険・車両保険)は、入っておくべき保険ですし、特約として、対物保険にも加入しておくべきでしょう。
又、故障で動かなくなった車をレッカー移動する手続きをしてくれるロードサービスもオプションとして入れておくと、事故時にあたふたすることなく、スムーズに進行してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.